Belzona SuperWrap II

腐食し、劣化し、穴の開いた配管とタンク壁修復用の、新世代準拠の複合補修システムです。

Belzona SuperWrap II

Belzona SuperWrap IIは腐食し、弱くなり、穴の開いた配管とタンク壁に新世代の補修ソリューションをお届けし、ISO24817とASME PCC2にも準拠しています。 このソリューションは、ファイバーグラスとカーボンファイバーを基材とする特別仕様のハイブリッド強化シートである液状の樹脂システムと、塗布面を固化し仕上げるリリースフィルムで構成されています。

このシステムには2つの樹脂グレード、Belzona 1981とBelzona 1982があり、様々な使用温度 (5°C/41°F~80°C/176°F) に加えて、可使時間の長短に応じてお選びいただけます。

この複合補修システムは、欠陥金属母材の交換に代わる配管ラップとパッチ補修材として開発されたもので、より高い強度、耐食性、耐薬品性を発揮します。 Belzona SuperWrap IIは石油・ガス、発電、船舶など様々な産業での素早く容易な機器補修を可能にします。

主要な特徴

  • ISO24817とASME PCC2に準拠し、トレーニング、認証を受けた人員が施工
  • 稼働中でも素早く簡単に塗布でき、素早く復旧
  • Belzonaのペースト状は孔食面の修復に、準拠するラッピングシステムの施工前に使用可能
  • 運転温度範囲5°C (41°F)~80°C (176°F)
  • 高い強度 (高いヤング率)
  • 優れた耐食性と耐薬品性
  • 熱膨張係数は鋼鉄のものに近く、熱の上下による歪みを軽減
  • Belzona 1982樹脂の可使時間は長く、大容量の塗布が可能
  • 炭素鋼に優れた接着性
  • 無溶剤のため健康と安全リスクを軽減
  • 認証を受けた研修をBelzona SuperWrap II設計者、管理者、工事担当者が受講可能であり、具体的な理論的知識と実務的技能を習得していただけます 

Belzona SuperWrap IIの施工例

  • 曲管、直管、T字形管など、複雑な配管網の補修用の、複合配管ラップシステム
  • 大口径配管(直径600mm超)とタンク壁のパッチ補修に適合
  • 配管とタンク壁の貫通孔、薄壁欠陥の補修 
主要技術データ
可使時間:
20°C (68°F) (Belzona 1981)
40°C (104°F) (Belzona 1982)
10分
30分
最終使用可能時間
10°C (50°F) 超 (Belzona 1981)
20°C (68°F) 超 (Belzona 1982)
20時間
表面調整標準要件 SA 2.5 (8501-1)、および最小75ミクロンの深度
次の規格に適合 ISO24817、ASME PCC2
設計上の最大温度
壁貫通、薄壁欠陥
Belzona 1981
Belzona 1982

60°C (140°F)
80°C (176°F)
次に実績 炭素鋼
主な用途 配管とタンクの補修、パッチ補修
容量形態 Belzona 1981またはBelzona 1982 - 2つの液状樹脂をご用意 (各3kg)、

Belzona 9381 - カーボンファイバーとグラスファイバー強化シート (84mm x 64m、254mm x 64m、1.27mm x 10m)、

Belzona 9382 - リリースフィルム (100mm x 500m)
販売地域* 全世界

* どの製品も地域での制限によります。 詳細はお近くの代理店にお問い合わせください。

詳細情報:

Belzona SuperWrap IIについての詳細はお問い合わせいただくか、代理店でおたずねください。

Belzona Connectに参加申し込みをして、SDSと取扱説明書などより多くの情報にアクセスしてください。

ビデオ:

フォトギャラリー

製品関連文書:

次で文書をご覧になっています

For More Information regarding Belzona Products,
please login by clicking here.