バルブ、パイプおよび付属部品

エロージョン・コロージョンまたは化学腐食で損傷を受けたバルブ、配管、継手に補修と保護を施す冷間硬化型複合材とエポキシコーティング材。

バルブ、パイプおよび付属部品

配管網のメンテナンスはどの産業分野、施設でも極めて重要です。 配管、バルブ、継手の損傷、劣化は、衝撃と凍結、腐食、浸食、化学腐食などで損傷を受けることが良くあります。

Belzonaは幅広い冷間硬化型補修用複合材とエポキシコーティング材を、エロージョン・コロージョン保護に加えて優れた耐薬品性を付与するよう特に開発しました。 これらの製品はバルブ本体、ガイドとスライド、ダイアフラムとエクスパンションベロウズの肉盛再生用に、そしてさらなる損傷防止用のコーティング材としてご利用になれます。

冷間硬化型複合補修材は弱った、または穴の開いた配管に強度をよみがえらせます。 弊社の多機能ソリューションには損傷を受けた箇所の接着パッチ、強化型Belzonaラップの塗布があり、低圧を扱い、重要性の低い機器に最適です。  完全に準拠性のある補修を要する場合は、Belzona SuperWrap II は国際標準のISO 24817とASME PCC2準拠で開発されており、溶接に代わって復旧時間を短縮します。

弊社の製品は、反応性の強い化学薬品・化学物質、ひび割れ腐食、ガルバニック腐食、高圧蒸気などで損傷を受けたフランジ面の修復にご活用いただいています。  フランジ、締め具、それに関連する配管に外部環境からの長期に渡る保護を要する場合は、これらを引きはがし、再シール可能なコーティング材で被覆できます。これらは湿気を排除して大気腐食、ガルバニック腐食、割れ目腐食から保護するよう特に開発しました。 このシステムは強固で柔軟な被覆トップコート、Belzona 3411 (被覆メンブレン) と腐食防止材、Belzona 8411を組合わせています。

Belzonaの配管用ソリューションには次のような特徴があります。

  • 直ちに漏れを補修し、運転中止を不要に
  • エポキシ複合材を用いた当て板接着補修で配管を永久補修
  • 複合材配管ラップでの高圧配管補修はISO24817、ASME PCC2に準拠
  • 配管ラインへの摩耗パッドとシムの接着
  • 腐食または歪曲したフランジ面を修復してシールを復元
  • フランジの被覆に、柔軟で引き剥がせる保護システム
  • 特殊補修用複合材は、オイルで汚染され、湿った、水中の母材、または高温の配管に塗布可能
  • 内部防食
  • 液状塗布型ラギング被覆コーティング
  • 保温材下腐食 (CUI) など外部防食

Belzonaのバルブと継手に対するソリューションには次のような特徴があります。

  • バルブシート、シール面、ブッシュ、グランドハウジングの補修
  • バルブガイドとスライドの肉盛再生
  • エキスパンション・ジョイントシステムと柔軟ベロウズの現場シール
  • 激しい浸食損傷の修復
  • ひび割れたバルブケーシングの補修と修復
  • 機器の浸食、キャビテーション、化学腐食、高温に対する内部、外部保護
  • カスタムメードエラストマーシールとガスケットの成形をゴム補修材で形成

弊社の無溶剤、低温塗布型の補修剤は高温作業が不要で、簡単、安全に塗布でき、コストと復旧時間を最短に抑えます。 Belzonaのセラミック充填エポキシコーティング材は並外れた耐摩耗性に加えて、エロージョン・コロージョン、化学薬品・化学物質に対する耐性を幅広い温度範囲で示します。

ビデオ:

フォトギャラリー